環境問題に取り組む企業NO1のサントリーの取り組み

PR|エネルギーマネジメントシステムセミナーの徹底比較|

サントリーという会社は長年環境問題に取り組む企業でランキング一位になっている会社です。どのような取り組みをしているのかまとめてみました。

1つめは「天然水の森」という活動をしています。サントリーは飲料メーカーで商品名にも天然水などついていることが多いです。「天然水の森」倍増計画、進行中2020年までに、水源涵養力2倍の広さにしようとしています。実際に「天然水の森」の活動は、今では14都府県20カ所にまで広がっています。その総面積はおよそ9,000haになりました。また社員6,000名を対象に、各地の「天然水の森」で森林整備研修を実施していました。社員さんが実際に森で活動をしていました。「天然水の森」の活動を通じて伐る木に、私たちは名前があります。<育林材>です。育林材も大事に家具などを作っています。

2つめは「愛鳥活動」というものには手がけているようです。森の鳥を大事にしようというコンセプトです。生態系のピラミッドを壊さないようにするという活動です。この活動は1973年と活動年数は長く色々な活動をしているようです。2016年にはコウノトリと暮らせる環境を取り戻すことを願い、子どもたちと鳥凧をあげるプロジェクトというものを手掛けています。

3つめは「水育」です。子供たちが自然と水の大切さを気付いてもらい,その素晴らしさを次世代につなぐという教育活動です。「森と水の学校」では、小学校3~6年生とその保護者を対象に、「サントリー天然水」のふるさと(白州はくしゅう・奥大山おくだいせん・阿蘇あそ)で行う自然体験プログラムなどがあります。2004年から取り組んでいる活動で2016年には21000人の人がこのプログラムに参加しているのでかなりな規模です。また出張授業なども行っています。

最後は「エコ活」です。サントリーではペットボトルのリサイクルは勿論ですがペットボトル自体を軽くしたりしています。また自動販売機も超省エネ自動販売機(エコアクティブ機)」の導入を開始しました。電気量をかなり抑えています。他にも輸送や工場での取り組みも進んでいるようです。

自然の環境を使った飲料水を扱う企業だからこそ,環境活動には盛んな会社です。取り組みはイメージアップにも繋がります。また実際に環境に優しいことをするのは次世代にとっても大事なことだと思います。
PR|生命保険の選び方|JALカード|生命保険の口コミ.COM|サプリメント|童話|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|GetMoney|英語上達の秘訣|お小遣いNET|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|アフィリエイト相互リンク|心の童話|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|