職場における紙、ゴミ、電気の節約について

これは私のかつての職場の話なのですが、メモ帳などは失敗したコピー用紙の裏や会議で使っていらなくなった資料の裏をメモ帳として使ってなるべく紙代を浮かせる様に工夫していました。もちろんISMS(情報セキュリティ)はきっちり機能させていますが。
職業柄、多量に図面や仕様書を使う職場であったので失敗したコピー用紙やCADにてアウトプットしたにもかかわらず、ミスがあった図面などは廃棄処分になるのでそれらを手ごろなサイズに切ってメモ帳として皆が使かっていました(設計をしていたので、ものを考える時にどうしても書かないと考えがまとまなないのでどうしても紙は必要な職場だったのです)。
ゴミに関してなのですが、ゴミは各自の机の脇にゴミ箱がありそれを定期的に回収してダストボックスにシュートするという感じで半分工場のある敷地内のオフィスだったので敷地内の焼却炉で燃やして発電もしていました。
その発電で電気代を軽減するという節電も行っており、その他にも節電対策といえば電球、電灯を積極的にLEDに替えるなどをしていました。