私の会社の紙、ゴミ、電気の節約方法について

ISO 14001取得済の私の会社では普段から節約を意識した社内規則が設けられています。
まずは紙についてはどうしても印刷が必要である場合を除いては、作成した資料はメールに添付してデータとして上司に送り、確認を行います。データの状態で添削を繰り返して、最終で完成したもののみを印刷するようにしています。そうすることで無駄な紙を出さないようにしています。
試し刷り等で印刷が必要な場合は、必要のなくなったFAX用紙や試し刷りに使用した紙の裏紙を使うように言われています。

 

ゴミに関しては、前述のように裏紙を使い両面印刷にすることにより、紙ごみの節約を心掛けています。また、掲示板に貼る張り紙を止めるのにセロテープを使用せず、画びょうやマグネットを利用することで消耗備品の節約とゴミを減らすようにしています。

 

電気はエアコンの温度管理を徹底し、会議室など普段人のいない部屋のエアコンは切り、利用する前になってから電源を付けるようにしています。また、社内の三本一組の蛍光灯の真ん中の一本を全て抜くことで蛍光灯の本数を減らして節電に繋げています。最初は少し暗くなったような気がしましたが慣れれば十分に明るく問題ありません。しかしこの方法が功を奏したようで、前年比で15%くらい電気代が安くなりました。
環境保全と経費削減のため、可能な取り組みは今後も導入していきたいと思います。