環境破壊に繋がる原発をなくすべきです

これまで私たちの国では、原子力発電が発電の中心的存在となってきました。

原発は比較的少ないコストで、大きな電力を発生させる事が出来ますので、発電方法としては理想的と言わざるをえません。

ですが原発は、このようなメリットばかりではなく、大きなデメリットも存在しています。

原発の大きなデメリットと言えば、発電時に生じる放射能です。

放射能と言うのは人間に害があるだけでなく、地球の環境を破壊して、地球上のすべての生物に大きな悪影響を及ぼす物です。

放射能汚染された場所では、すべての生物が生きる事は出来ません。

原発と言うのは、そんな恐ろしいリスクを抱えている物と言えます。

ですからいくら効率よく発電が出来るからと言って、わが国の中心的な発電方法とすべきではありません。

先頃の原発事故で、私たちは原発の恐ろしさをまざまざと知ったはずです。

もう二度とこんな恐ろしい思いはだれもしたくはないと思いますから、一人一人が声を上げて、原発廃止に取り組んでいくのがベストだと思われます。

PR|エネルギーマネジメントシステムのご相談