わたしの職場の『紙、ゴミ、電気』の節約対策について

わたしの働いている立ち呑み居酒屋では、あまり店側は大々的な節約対策は行っていないと思います。

ですが、わたし個人をはじめ、店員各々、いろいろな節約対策を行っています。最近では大手居酒屋チェーンでもISOセミナーなどで人材育成を行って積極的に環境対策を行っていると聞きます。

たとえば、ペットボトルについてです。

ペットボトルは、そのままゴミ袋に入れると場所を取ってしまい、ゴミ袋が満杯になっていても、まだ実際には余裕が有るため、ゴミを捨てる際、空気にお金を払って捨てているということになります。

なので、ゴミ袋に入れる際は、できるだけ小さく潰してしまってから、捨てるようにしています。

また、洗剤などを入れておく容器を買うのは、非常にもったいないため、空いたペットボトルに洗剤を入れ、キャップに穴を開けて使用するなどしています。

ラストオーダーが終わってからは、日本酒やドリンク類などを飾って置いてある冷蔵庫の照明をすぐに落としたり、お客さんが帰ってから、すぐに必要のない照明を落とすなどして、電気の節約などもしています。