紙媒体を削減することによる相乗効果

ISO14001のコンサルティングを依頼しているうちの会社では紙について節約をしています。基本的にカラープリントを廃止しております。そして、機密文書以外はすべて裏紙として再利用しております。私の会社はブランドなので、とにかく会議が多いです。そして、会議の参加人数も10名以上の会議も多いので、カラープリントをしないだけでもかなりの経費削減になります。

 

しかし、どうしても色での説明が必要な時は3部程度カラープリントを用意します。最近では、プリントアウト自体を止めてプロジェクターを使用し、紙自体の削減を目指しています。この紙媒体を削減することにより、シュレッターの使用頻度も減り、相乗効果としてゴミも削減し、シュレッターの使用頻度が削減されれば電気の使用量も自ずと削減される効果がありました。

 

今後は社内でタブレットが普及することにより、さらに紙媒体の削減、それによってゴミの削減が見込まれます。タブレットによって電気の使用量は多少増加すると予想されますが、紙とゴミの削減量の方が上回ると思います。